コラム・トレーナー活動

食べることもトレーニング???

トレーナー活動 2018/11/27

皆さん、こんにちは。みずた整骨院です。

トレーナー活動を通じて最近感じることは、選手たちのケガが多いことです。

この理由の1つに「栄養補給が足りていないのでは?」と思います。

部活動や試合後の体は、貯蔵されていたエネルギーがなくなり、使われた筋肉の細胞も損傷した状態になっています。

また血中糖度や血中アミノ酸が低くなり、マグネシウムやカリウム、カルシウム、ナトリウムなどの体を動かす役割を持つ電解質が汗と一緒に体の外に流れてしまっている状態です。体をこのままの状態にすると、筋肉の痙攣などを引き起こしやすくなったり、疲れが体に残ってしまったりするので運動やトレーニングで使われて不足した栄養をしっかりと補いましょう。

 

運動後に積極的に摂取してほしい栄養素は以下の4つです。

・タンパク質:タンパク質は傷付いた筋肉の修復や筋合成に使われ、消化されるとアミノ酸に分解されて筋肉や内臓、皮膚、血液などの材料となります。

・炭水化物(糖質):運動後は筋肉や肝臓のグリコーゲンがエネルギー源として使われるため、消耗したグリコーゲンを速やかに回復させる必要があります

・アミノ酸:アミノ酸はトレーニング中のエネルギー代謝や疲労に効果があるといわれており、運動後も筋合成の促進や、筋分解の抑制、筋肉痛の軽減にも効果があります。

・電解質(ミネラル):電解質はナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどの成分をいいます。神経系に関与していて、不足すると筋肉の痙攣や集中力の低下が起こります。

 

このようにトレーニングで消費した栄養を補給することは、筋合成の他にも疲労回復や代謝を上げるためにとても重要です。ジュニアであっても、運動後は適切な栄養を摂取し、代謝を促進して理想のカラダ作りをしていきましょう。

食べることもトレーニングです!

 

みずた整骨院では、「姿勢×動き×栄養=進化したカラダ」で自己実現のサポートをしております。

お気軽にご相談ください。

お問い合わせ先 0952-28-7123(予約制)

LINE@  40xfz0833f

ホームページ https://www.3zuta.com

 

 

  • Facebook
  • LINE
  • Instagram
LINEで問い合わせ