コラム・トレーナー活動

スポーツ障害 オスグッド病について

コラム 2017/04/28

 

【オスグッド病】

成長期のヒザのスポーツ障害で最も多いものの1つがオスグッド病です。

専門的にはオスグッド・シュラッター氏病と言います。

症状としては、ヒザのお皿の下が痛み、ボコッと腫れてきます。ヒザの曲げ伸ばしを安定させている膝蓋靭帯(しつがいじんたい)は脛骨(けいこつ)というスネの骨に結び付いていますが、成長期はその付着部が軟骨でできています。靭帯との綱引きに負けると靭帯が炎症を起こし、最後には剥れて浮き上がってしまいます。

オスグッド病が目立つスポーツは、バスケット、バレー、サッカー、陸上、テニス、野球などヒザに圧力をかける動作の多い競技です。

実際に整形外科などを受診された保護者の方は、ご存知かもしれませんが、サポーターで保護したり、練習量を減らすなどの対策をとれば、骨の成長が終わり、軟骨がしっかり固まる成長期終了後は完治します。

しかし、無理をして軟骨が浮き上がった状態がひどくなると、浮いたままで骨が固まったり、剥れたままになってしまうことがあります。

そうなるとそこに固い骨の出っ張りが残り、大人になっても正座した時に、骨が当たって痛むケースが出てきます。

症状の特徴はスポーツ時の痛みですが、しだいに腫れを伴ってきます。他のスポーツ障害と同じように、段階を経てひどくなり、日常生活にも支障をきたしてしまいます。

治療法は運動後のアイシングとヒザの関節をやわらかくするストレッチです。

ただ、炎症がある時に強くストレッチすると、軟骨剥離をよけいにすすめてしまうので、できるだけソフトに行います。また、靭帯の引く力を軟骨に直接かけないためのテーピングもかなり有効です。

 

  • オスグッド病のセルフチェック

うつ伏せに寝て、足のかかとをお尻につけるようにヒザを曲げます。

かかとがお尻につかず、こぶし1個以上開くようなら、要注意です!

 

スポーツをやっている以上、ケガは避けられませんし、ケガをしたままの状態だとスポーツを楽しむこともできません!

当施設では、成長期の危険性を理解したうえで、選手が安心して部活動を送れるようにサポートしております。

また、成長期に必要なストレッチやトレーニング法など詳しくお知りになりたい方は、お気軽にお尋ね下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • Facebook
  • LINE
  • Instagram
LINEで問い合わせ