コラム・トレーナー活動

成長期に疲労性の腰痛って???

コラム 2017/10/23

皆さん、こんにちは。

今回は成長期における「疲労性の腰痛」について書いてみます。

 

「疲労性の腰痛」 = 筋・筋膜性腰痛症

 

  • 柔軟性の乏しい成長期●

下半身の柔軟性の乏しい成長期は、ふとももの筋肉の緊張が強いため、骨盤の傾きや背骨の配列が乱れやすい時期です。

背骨の配列が乱れ、S字カーブが崩れてくると、それを支える腹筋や脚の筋肉にも余計なストレスがかかって、

筋肉疲労性の腰痛を起こしやすくなります。例えばアーチ型に積んだ眼鏡橋は特別な支えがなくても平気です。

アーチの曲線は橋の重さをうまく分散してくれます。しかし直線で橋をつくろうとしたら、あちこちにたくさんの支えが必要になるはずです。背骨もこれと同じで、正しいS字カーブであれば力が分散するので負担をかけずに済みます。

しかし、S字カーブが崩れてくると余分な支えが必要となり、周りの筋肉や筋膜に疲労がたまりやすくなるのです。

その疲労が限度を超えて蓄積すると、やがて痛みが出てきます。

疲労性の腰痛は、運動時とか運動後に痛みを感じるのが特徴です。

手で触ってみると筋膜の癒着(異常)が起こり、筋肉がパンパンに張っているのがよくわかります。

 

  • 疲労性腰痛の予防●

予防としては、日頃から腰と下肢のストレッチをおこなって柔軟性をつけ、いつも正しい姿勢を心がけることが大切です。

 

  • 正しい姿勢と悪い姿勢●

背骨は2本足で生活するのに一番負担の少ないS字カーブを描いています。このカーブがきつすぎてもゆるすぎても腰痛の原因になります。この背骨のS字をつくっているのが、実はふとももの筋肉なのです。ふとももの筋肉は骨盤に結ばれていて、この筋肉が固く緊張が強いと骨盤を引っ張ってしまい、骨盤は前に傾きすぎたり、逆に後ろに傾いたりします。

いわゆる「ねこ背」の原因にもなります。そうなると背骨の一番基礎の部分である骨盤が不安定になり、上にある背骨全体にひずみが出てしまって正しいカーブが乱れます。その結果、腰に加重なストレスがかかってしまうのです。

疲労性の腰痛も、成長期には多いスポーツ障害の1つです。また悪い姿勢が腰痛を引き起こす原因にもなります。

数日間安静にしていれば治る場合もありますが、練習前のウォーミングアップ、練習後にはアイシングを欠かさずおこなってください。痛みがひどいようなら、筋膜リリースの治療を受け、1週間ほど練習を軽めにしてください。

保護者の皆様には、お子さんの痛みのサインを見逃さず、成長期のスポーツ障害を理解されたうえで、自宅でケアできるものは実践していただき、お子さんが安心して部活動をできるようにサポートしてあげてください。

また、成長期に必要なストレッチやテーピング、体幹トレーニングなど詳しくお知りになりたい方は、お気軽にお尋ね下さい。最後までお読みいただきありがとうございました。

http://www.3zuta.com

  • Facebook
  • LINE
  • Instagram
LINEで問い合わせ