Gサポ・トレーナー活動

G-SupportGサポ

Gサポってなに?

「Gサポ」はゴールデンエイジサポーターズの略称です。
ゴールデンエイジとは3歳から14歳頃までを主にゴールデンエイジと呼び、身体の発育発達過程でカテゴライズされ、どの年代がどういった方向性でトレーニングをするのが良いのかを正しく指導し、トレーニング活動を支援していく、それが「Gサポ」です。
この世代で行うトレーニングこそが、今後のアスリートとしての道を決定づけるといっても過言ではありません。
ジュニア世代で行うフィジカルトレーニングの重要性と大切さを「Gサポ」を通して、伝えていければと考えています。

  • Gサポ
  • Gサポ
  • Gサポ
  • Gサポ

ゴールデンエイジのカテゴライズ

スキャモンの発育曲線 神経系 スキャモンの発育曲線 神経系
神経系の成長
プレゴールデンエイジ 3歳~8歳
運動における多種多様な動作を経験し、基本的な運動動作を身に付ける時期
神経系の成長
ゴールデンエイジ 9歳~11歳
自分が思ったように身体を動かせるようになる時期。技術やセンス(応用力)も大きく磨ける時期
心肺系の成長
ポストゴールデンエイジ 12歳~14歳
神経系統の成長が9割形成されている時期。反復練習など基本動作の質を高めていく時期
筋・骨格系の成長
インディペンデントエイジ 15歳~18歳
身体の成長と、身体のコントロールする感覚が安定し、今まで身に付けた基本を土台として個性を発揮できる時期

Trainer Activityトレーナー活動

成長過程では、動きの土台づくりが重要

ヒトが生まれてから立って歩き始めるまでの発育発達の過程を運動学の観点から考案された、「赤ちゃん発達運動(トレーニング)」を中心に指導しています。
最近では「子供たちの体力が落ちた」「姿勢が悪い」「集中力が無い」「ケガが多い」などを、耳にするようになりました。
現代社会の環境や安全な遊具が増えた事で、今の子供たちは身体を動かす機会が減少し、動かす機会を奪われた子供たちの運動能力は低下します。
また、それだけではなく赤ちゃんの頃に行う「泣く、寝返り、うつ伏せ、四つん這い、ハイハイ、お座り、ひざ立ち、つかまり立ち」など、正しく使える身体の土台を作るうえで重要な動作を身に付ける時期が抜け落ちている子供が多くなってきているのが現状です。
ヒトが生まれてから立ち上がるまでに獲得する動作を、正しく習得できることで今後の運動能力に大きな影響を及ぼしていきます。
成長が早いからいいのではなく、重要なのは正しく身体を動かす事が今後できるのかどうか、動きの土台作りが重要なのです。

トレーナー活動日記

トレーナー派遣について

スポーツ団体サポート・指導者講習会・体幹トレーニング指導・健康教室などお受けできますので、お電話またはお問い合わせフォームにてご相談ください。

TEL・FAX(予約制)
0952-28-7123
  • Facebook
  • LINE
  • Instagram
LINEで問い合わせ